Monday, December 25, 2017

年末年始の営業日のご案内
クリスマスが終わり、今年も残すところ一週間となりました。
お店の方でも年末年始に向けた準備が進んでいます。


本年から来年にかけての営業は下記の通りとなります。


12/30(土) 通常営業
12/31(日) 通常営業
1/1(月) 元旦のため休業
1/2(火) 通常営業
1/3(水) 通常営業


なお末広がりの「八」の付く12/28に例年通りお餅搗きを予定しております。正月飾りであるお供え餅や切り餅、生子餅などご用意する予定です。ご注文が優先となりますので店頭での販売は少量となります。お問い合わせは店舗までよろしくお願い致します。


また1/9(火)は初市ですが、初市限りの「苺大福」や「切山椒」などのご予約も承りますのでこちらも合わせてよろしくお願い致します。

Sunday, November 26, 2017

嬉しいお客さま 続き
昨日に引き続いて・・・


もう一組嬉しいお客さまがありました。
秘密でも何でもないのですが、実はインスタグラムをやっています。現在四公の画像が並んでいるところに投稿した画像が出るようにしておりました。
現在はこちらから見れます。


話が逸れてしまいましたが、そのフォロワーの方が来店してくださいました。もしかしたら今までもいらっしゃったのかも知れないのですが、店頭で「フォロワーです!」と教えてくださった方は初めてです。(知人、友人は除きます) 
本当に嬉しいですし、お店としても励みになります。


ちなみに若い学生さんでした^ ^

Saturday, November 25, 2017

嬉しいお客さま
お客さまは皆様大切なのは当然なのですが、昨日は「下馬将軍」に関わる方にご来店いただきました。


お客さまというのは、酒井家のご当代。
当店の銘菓である「下馬将軍」の由来となった方の子孫にあたります。(つまり元前橋藩主ということになります)


昨年より前橋四公祭という名前がついて、市内4箇所で行われていた顕彰会などを支援、普及していこうという活動があるのですが、そちらの酒井雅楽頭家菩提寺の会合に足を運んでくださったとのことです。
しかもわざわざ「帰りに寄ります」とご連絡までいただいてお店までお越しいただいたので、申し訳ないくらいでした。先代もそうでしたが、非常に気配りのされる方なのだと思います。ちなみにかなり体格よくてうらやましい限りでした。


「下馬将軍」を造り始めて数十年ですが、お互いに代替わりしていく中お付き合いをさせていただけているのは大変有難く、新たな気持ちで仕事に打ち込み、今後とも大切にして参りたいと思います。



Tuesday, October 3, 2017

10/4(水)十五夜 営業のご案内
久しぶりの更新です。
今年は定休日である水曜日に行事がぶつかってしまうことが多く、お電話などでもお問い合わせをいただいております。


お店の方では、店内等にてすでにご案内をさせていただいておりますが、明日10/4は十五夜でございますので営業いたします。
月見団子、月見まんじゅう、兎に小芋など、十五夜のお菓子をご用意して御客様のご来店をおまちしております。


月見団子
早朝よりご用意致します。すすきとセットでぜひお月見のお供としてください。
なお明後日10/5(木)は代休として臨時休業させていただきます。ご不便をおかけ致しますが何卒ご理解の程よろしくお願い致します。




夏の間にもいろいろございましたので投稿したいのですが、頑張りたいと思います!

Saturday, July 29, 2017

臨時休業のご案内
平素は格別のご高配を賜り、誠に有難うございます。


一月振りの更新ですが、下記の日程にて急ではございますがお休みをいただきます。


本店のお休み
7/31(月)、8/1(火)


青柳大師店のお休み
8/3(木)、8/4(金)


なお本店がお休みの際は青柳大師店が、青柳大師店がお休みの際は本店がそれぞれ営業しております。恐れいりますが、お近くではないかも知れませんがご利用いただければ幸いです。


なおどちらの店舗でも、お盆に向けた生菓子やお萩、下馬将軍のご注文など承っておりますのでこちらも合わせてよろしくお願い致します。

Wednesday, June 28, 2017

もうすぐ半年
こんにちは。


梅雨時にも関わらず、暑い日が続いていますね。6月も終わりに近づき今年も半分が過ぎかけています。
さてまずは水無月のお菓子のご案内。




写真の上は、『七夕餅』、下は『夏越の祓』です。
七夕餅は、煎った黒豆をじっくり煮出した濃厚な黒豆茶を水まんじゅうに代表される葛等を主にした凝固剤で固めたもの。さっぱりとした味わいと独特の風味があるので、黒糖?と間違われることもあるくらいです。艶々でぷるぷるとした柔らかい生地はほぼ真っ黒ですので、七夕の夜空に見立てて、少量金箔をあしらっています。


夏越の祓は、外郎生地に大納言の蜜漬けを敷き詰め、三角形に切り出したもの。もっちりとした食感とたっぷりの大納言が楽しめます。三角形は、氷を意味しているもので、6月30日のお菓子になります。夏越の祓はこちらも。


なお七夕餅は、前橋七夕祭りまで販売致しますので、7月中旬まで店頭にてご用意の予定です。


今年前半は店外での行事が比較的多く、ブログネタにも困らないのではと思っておりました。しかしいつものことですが文章を書くのが追いつかず・・・。
皆さんはやろうと思っていたのに、手がついていないことございませんか?



Sunday, May 14, 2017

名古屋に行ってきました!(後編)
端午の節句である5月5日はもちろん、連休中多数のご来店をいただき有難うございました。


ひとまずほったらかしにならないよう後編を・・・


ちょうど本日が最終日でございますが、三重県伊勢市で行われました三重菓子博という全国のお菓子屋さんが集まって行う一大イベントに関連しての名古屋出張でした。
茶道裏千家様が若手の職人の育成などなどを目的にこの菓子博にて賞を出されるということで、その審査会(いわゆるコンテスト形式)に参加して参りました。ちなみに全国にあります裏千家支部様の推薦があった上で、設定された御題に合わせた御菓子(もちろん茶席菓子です)を事前に書類で審査されるという厳しいものでした。


ちなみに以前は各店の銘菓を審査する形式で、当店の繭玉まんじゅうが御家元様より賞をいただいております。


当日は、北海道から大分まで50名余りが参加。こう考えると新幹線が通って、空港がある名古屋は便利だったのかも。


さて会場では午前にお菓子を作成。生菓子ですので、出来立てを持って午後より審査でした。


ちなみに会場には地元群馬の先輩や講習会でお世話になった方、帰りに立ち寄る予定のお店の方などたぶん有名店の方が多数・・・。


私は自分の仕事をしつつ、他の方々の仕事振りを見て勉強させていただきました!正直滅多にみれないですので。
午前が終ったところで、待望のひつまぶしを♪


福○さん、ご馳走様でした!


午後は結果発表でしたが、こちらは三重菓子博のホームページや茶道裏千家様でも公開されておりますのでそちらをぜひご覧ください。私は残念ながら選外でした。


その後は先輩方にくっついて、雑誌などにも出ている小ざくらや○○さんに伺って社長とお話させていただいたり(お土産まで頂いてしまいました・・・)、生菓子でお目当ての○光さんに寄ってきました。


さてほんとに作って食べてだけの一日ですが、時間も時間。雨の中、お菓子を抱えてJR名古屋駅へ!ここできしめんを食べるつもり(?)だったのですが、新幹線の時間がぎりぎりでやむなく




こちらにしました♪
緊張していたのでしょうか。
食べれるものですね。デザートは蕨餅でした。


いずれにしても各地のお茶の先生方が推薦されるお店の方々とご一緒できたのは光栄でした!

Thursday, April 20, 2017

柏餅、はじめました
桜の花も散り、急に暑い日も出てきていますね。
今年はご予約などもございましたが、例年より長めに桜のお菓子をご用意させていただきました。


そして本格的に柏餅のご用意を始めます。






なお端午の節句の限定品や贈り物、お祝いのお返しなどは店頭にてチラシをご用意し、ご予約を承っております。こちらもよろしくお願い致します。
昨年の投稿はこちら




名古屋のお話や先日の和菓子体験講座などは早めに記事にしたいと思います。

Sunday, April 2, 2017

名古屋に行ってきました!(前編)
3月は、桃の節句に春彼岸と行事が続き、多数のご来店を賜り誠に有難うございました。
お問合せいただいております桜餅、さくらわらべ、柏餅についてですが、下記が本年の販売期間の目安となります。


桜餅:4/10頃まで
さくらわらべ:4/15頃まで
柏餅:4/7より


大きな行事が終ったところで、名古屋までお菓子を作りに行ってまいりました。よくよく考えると仕事で関東より遠くにいくことは初めてなんじゃないかと思います。日頃はクロネコヤマトさんに大変お世話になっておりますので・・・。


とはいえ時間もないのでほぼ日帰りの強行軍でした。当初は前後どちらか一泊と考えたのですが、前日はちょうど先月までお世話になっておりましたANAのご担当の方が前橋へいらっしゃるということで御礼とご挨拶をさせていただいたり、翌日はいくつかご注文を頂戴していた関係上無理でした。


そこで一日で名古屋名物を出来るだけ堪能しようと候補をピックアップ。もちろん機会があったら伺ってみたいと思っておりました蕨餅で有名なお店も一緒に。

Wednesday, March 1, 2017

2013年2月のお菓子 其の弐
3月に入って早々、休日返上となりました。
せっかくなので過去記事の加筆修正いたしました。



奥の左右は桃のお節句らしく『女雛』と『男雛』を餅生地で簡素に仕立てております。中餡はそれぞれ白餡、漉し餡です。右下の外郎製『引きちぎり』、どちらかというと関西方面で見られるお菓子ですがこちらは今年は手が回らずお休みしております。
左下は立体的な造りの『桃の花』、練切製、真ん中は『菱餅』で羊羹、軽羹、浮島の三層です。

引きちぎりの代わりではないのですが、例年通り『鼓』、『蓬羽二重』、『菜の花』などもご用意しております。




薯蕷きんとん製粒餡 『三千歳』


最後は細そぼろのきんとんです。三千歳の銘ですが、こちらも中国の昔のお話が元になっています。三千年に一度花が咲いて実を結ぶという不老長寿の桃のことであり、そこから桃の節句に紐付いています。

女の子のお節句にふさわしくなるよう、華やかなお菓子が並んでおりますので、お近くにご用の際はぜひお立ち寄りください。


もちろん、焼き皮の桜餅、道明寺製の桜餅もご用意しております!






Friday, February 3, 2017

立春と出張製作?
慌しい1月が終りまして、本日が節分、明日が立春と暦の上では春がやってきますね。


きんとん仕立て『青鬼』と『赤鬼』

お店では、どちらかといえば鬼の方が人気があるようです。

さて1月最後に、お菓子の出張製作にいってきました!
今まで和菓子教室やイベント会場などで実演形式ではやらせて頂いておりましたが、茶会の場でというのは初めてでした。

当日はお店の都合もあり、私ひとり。伺う前は非常に心細かったのですが、お席を持たれた先生や社中のお弟子さんなどに大変お気遣いいただいたり、またお付き合いある先生方もいらっしゃったこともあり落ち着いてスタートしました。
茶会ということで作る数も多かったのですが、9時から3時までめいっぱい作らせていただきました。水屋というのはお茶の準備をする関係上、湿気がありそうなのですが、実は意外と乾燥しています。特に冬場はそうなので、普段から注意してお菓子の用意をしております。今回1日水屋の中で仕事をさせていただきましたが、思った以上に乾きやすいなあと改めて実感しました。こういうことは実際やってみて気付くこともあるので、今後の参考にしていきたいと思います。

さすがに帰りはぐったりでしたが、混むと思った都内もスムーズに抜けれて無事帰り着きました。チャンスがあったら、またやってみたいですね。

 





Thursday, January 5, 2017

新年のご挨拶
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


お店の方は、1月2日より例年通り営業をさせていただいております。初春らしく松竹梅に干支、歌会始の御題菓などをご用意しております。今年は酉、主菓子は黄色いひよこで、どら焼は親鳥とひよこの焼印で仕上げております。


また今年は毎年吉例の初市(1月9日)が400年にあたるとのこと。お天気もありますが、例年以上に盛り上がると良いですね。当店でもこの日限りの切山椒といちご大福をご用意致します。いちご大福はすでに昨年末より(!)ご注文いただいておりますが、終日一生懸命作る予定です。