Monday, June 27, 2016

夏越の祓
こんばんは。

6月30日は、夏越の祓です。一年もちょうど半分ですので過ぎた半年を振り返るとともに無事過ごせたことを感謝したいと思います。神社では茅の輪くぐり、お菓子屋さんにとっては『水無月』と呼ばれることの多いお菓子をご用意する日となります。
新妻屋では、米粉を砂糖と合わせて蒸しあげる外郎生地にたっぷりの蜜漬大納言小豆を敷き詰めてご用意致します。形は氷を表す三角形です。見た目に涼しげで、さっぱりとした味わいが特徴です。暑い夏を乗り切れるようにという意味合いもあるようです。関東では行事としてもそこまで有名ではないですが、ことお菓子に関しては『夏越の祓』ないしは『水無月』とおっしゃっていただければ伝わります。

神事である行事の夏越の祓いは、新妻屋のあります前橋市ですと東照宮さんで行われます。茅の輪くぐりではなく「形代」(かたしろ)を川などに流すものでございます。当日伺えれば、茅の輪くぐりがあるのかなどお伝えできるのですが・・・。

水無月を食べながら、ブログを書くことが出来るのか、それとも例年通り更新ができない半年の反省をすることになるのかお楽しみに・・・。




Wednesday, June 15, 2016

《告知》和菓子に合う珈琲
久しぶりに更新したらインスタグラムの画像が見れなくなってました・・・


困っていても仕方がないので、気を取り直して『和菓子に合う珈琲』のお話を。


6/16は『和菓子の日』となっております。


そんな日にあわせて、AGF様から『煎』という和菓子にも合う珈琲が発売されています。先月の伊勢志摩サミットでも提供されて話題となったとのこと。
そんな珈琲を実際に新妻屋でも和菓子に合わせて試して頂こうということで、明日6/16よりお客様にプレゼントさせていただきます。数量にも限りがございますので、○○円以上お買い上げのお客様にとなるかと思いますが、ご来店の際はぜひご確認ください。


AGF『煎』のサイトはこちらです。
http://sen.agf.jp

Monday, June 13, 2016

若鮎、始めました!
5月がまるまる空いてしまいました。
タイトル通りですが、6月早々より始めております。


どら焼きと同様、平鍋ないしは一文字と呼ばれる銅板で焼き上げたあっさりとしたお菓子です。

中は餡ではなく短冊状に切った求肥餅を入れています。

中花とは材料を合わせた種の名称です。どら焼きは、浮きの良さを重視してふっくら焼き上げますが、新妻屋では浮きを押さえた種でご用意をしております。

熱いうちに鮎らしい形に整えて、尾まで形をとります。

仕上げに目とひれの焼印を押して完成です。






ひと夏お付き合いの程、どうぞよろしくお願いいたします。


販売期間:6月より8月半ばまで


6月という行事が少なそうですが、6/16は『和菓子の日』、6/30は『夏越の祓い』です。今年の『和菓子の日』はちょっと変わったことが出来そうです。こちらは改めて。